スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきは上気道が狭くなることで起こるので、呼吸や血液の循環に影響を与えます。その中で最も怖いのが、いびきをかいている人の中には睡眠中に呼吸が止まってしまう人が多くいることです。

目が覚めている時には、無呼吸は起こりません。無呼吸となると息が苦しくなります。息が苦しくなると脳の命令で体全体が息をしようと反応します。

睡眠時に何度も苦しい呼吸をするので、当然深い睡眠を取ることができません。このような睡眠中の状態が、日中起きている時に影響を及ぼします。

しっかり睡眠がとれていないので、睡眠時間が長くても疲労感が抜けません。集中力を欠いて日常生活や仕事にも差し支えます。

また、日中強い眠気が襲ってきて、会議中や車の運転中に眠ってしまうことがあります。血液に酸素が充分に行き渡らないので、心筋梗塞などを起こすこともあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療はいびきを治すだけでなく、自分自身や家族、周りの人の生活を守るためにも必要なことなのです。

関連情報
一般ニュース -その他「いびき 手術 札幌 大阪 東京 保険適用 保険 キミハブレイク 日帰り 銀座 高周波 名古屋」 みんなで最新の話題を作るニフティの参加型情報サイト トピックイット.(続きを読む)
参考:ぴったりフィット NEWエンゼル カカト部分 どなた 縦書 3年日記 cinciallegra 

スポンサーサイト
【2009/11/07 08:43 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<リスニングの勉強法 | ホーム | 早稲田予備校>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://webzakkinoteb.blog123.fc2.com/tb.php/466-233514b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。